タグの基本

ホームページを作る時に、タグという書式を用いて、ページを内容を書くことになります。

実際には、HTMLという言語と本文などの文章を組み合わせて、簡易ワープロソフト(テキストエディタ)やホームページ作成ソフトなどで作ります。

ホームページはHTMLという言語で作られています。
ホームページの基本構造

HTML書式で書かれたはテキストはブラウザで認識されて、ホームページとして表示されます。

ヘッダー

タイトルや概要、文字コードなど、ホームページの文書情報を書きます。


本文(ボディ)

表面上、ブラウザで表示される本文です。

タグの基本書式

基本的には、ペアで使います。
という基本書式があり、その挟まれた文字にその情報が適用されます。
ほとんどのタグは半角不等号<>(後ろのほうの<>には/が入ります)で囲います。

これらの命令(タグ)によって、文書が書かれることで、ブラウザは意味を理解し、デザインやレイアウトを決めていくのです。

HTMLの実際

HTMLは実際には、HTMLファイルとして存在し、それがサーバーに保存されます。

ユーザーはサーバーにあるそのHTMLファイルを、ブラウザで見ることでホームページとして見られます。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
https://keni.orvinet.com/tb.cgi/1

C O M M E N T


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


  プレビュー